ダポキセチンで早漏は改善できる

ダポキセチンで早漏を改善できることを知り喜ぶ男性 自分の意思とは関係なく射精してしまう早漏。あまりに早い射精は女性を満足させることも難しく、男性としての自信さえ失ってしまいかねません。早漏に悩む男性は多く、人知れず克服したいと願っている人は少なくありません。そんな多くの男性の悩みを解決するために有効なのが早漏治療薬です。現在は早漏も薬によって改善させることが可能なのです。多くの早漏治療薬に含まれている成分がダポキセチンです。ダポキセチンは脳内の興奮を抑える役割をするセロトニンが、再吸収されるのを防いでくれます。この働きにより脳内の過剰な興奮が抑えられ、早いタイミングでの射精を止めることがでいるのです。実際、このダポキセチンを含む早漏治療薬を服用すれば、射精にかかる時間をそれまでの3倍から4倍程度にまで延長できることが報告されており、世界中の男性がこれらの薬の恩恵を受けているのです。 ただし日本では一部の専門クリニックを除いて、ダポキセチンを含む早漏治療薬を処方してもらうことはできません。国内では未承認ですので、一般の医療機関では手に入れることができないのです。ただし全く購入できないわけではなく、個人輸入の形をとれば海外製の薬を購入することは可能です。最近は薬の個人輸入を代行してくれる業者も多数存在しており、インターネットで検索すれば簡単に見つけることができるでしょう。購入方法も簡単ですので、初めて利用するという人でもスムーズに利用することができます。 なお個人輸入代行業者の中には悪質な業者もおり、粗悪品を販売しているところもありますので注意が必要です。悪質な業者に騙されないためには、まず実績のある信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

ダポキセチン配合の薬の種類

インターネットでダボキセチン配合の薬を調べる男性 早漏の改善薬として注目を集めている成分がダポキセチンですが、もともとは抗うつ剤として使われていました。服用している男性患者が射精が遅くなったと副作用を訴えたことで、早漏改善薬として開発された経緯があります。実は副作用によって新しい医薬品が誕生した例は数多くあります。ED治療薬であるバイアグラ、AGA治療薬のプロペシアも代表的なそれらの医薬品です。 早漏改善薬としての種類で見てみれば、プリリジーとポゼットが代表的な医薬品になります。プリリジーが先発医薬品になり、ポゼットがジェネリック医薬品の扱いになっています。ただしジェネリックといっても少々異なり、特許がなかったインドの製薬会社が製造している医薬品であり、わかりやすさからジェネリック医薬品と呼ばれています。もちろんポゼットにもプリリジーと同じようにダポキセチンが配合されており、同様の効果を期待することができます。ただ入手するのはクリニックではできませんので、ポゼットを求めたいのであれば、個人輸入を利用する必要があります。 クリニックではプリリジーを扱っていますが、非常に高い製品です。1日1回しか使用できず、6錠で12000円以上する製品になりますが、ジェネリック医薬品であるポゼットは10錠で3000円ほどの値段になります。これほど価格に差がありますので、個人輸入を通して求めたくなる気持ちも生じるでしょうが、医薬品になることから初めての服用は必ずクリニックで行うことをおすすめします。 早漏によって性行為をするのが苦痛になるようなレベルになると、なかなか対処が難しくなります。 早漏が原因で性、行為自体が苦痛となりそのままEDになってしまう方も少なくありません。 そんな方は、バイアグラのジェネリックでかつダポキセチンが配合されたスーパーPフォースで解決しましょう。 ただしどれも医薬品なので、効果もあれば副作用もあることを忘れないようにすることが大切です。
▼副作用をしっかりチェックしてダポキセチンの恩恵を受けましょう
スーパーPフォースの副作用

ダポキセチンと併用しては危険な薬

ダボキセチンは何と併用してはいけないのか考える男性 早漏治療薬の成分ダポキセチンを服用する場合、比較的副作用は少なく安全性は高い薬なのですが併用すると危険な薬というのもいくつか存在しています。 まず、抗うつ薬の一種であるMAO(モノアミン酸化酵素)阻害薬との併用は異常高熱、間代性筋痙攣、精神錯乱、心拍数の急激な変動など自律神経不安定が報告されているので併用してはいけないです。 もしもMAO阻害薬を内服していたが現在は中断しているという場合、14日以内であればそれも対象に含まれます。 また、ダポキセチンを服用した場合はMAP阻害薬は7日間は服用するのを再開してはいけないと言われています。 その他にはチオリダジンを服用している場合についてもチオリダジンの代謝を阻害するので濃度を上昇させてしまいますし、心室性不整脈の症状が出る可能性があるので併用してはいけないです。 ダポキセチンと同じSSRIなどセロトニン作動性を持つ薬を使用中の場合についても併用するのは禁止されています。 抗真菌薬や抗HIV薬などを用いている場合についても同様です。 この他にも併用してはならない薬がある可能性もあるので、薬を使用している場合はきちんと医師にその事を伝えた上で処方してもらうようにすべきです。 通販を利用して個人輸入で入手される方もいますが、その場合はそうした注意事項については全て自分で知っている事を前提とし、わざわざ薬の使用についての面倒まではしてもらえるわけでは無いので安易に通販で購入する事は危険です。 健康な型であれば副作用も少ない事からそれほど心配する必要はないかもしれないですが、何か健康に問題があったり薬を服用している場合はそれが原因で命に関わる症状が出ないとも限らないので、やはりきちんと病院で処方してもらう方が安心です。

ダポキセチンの効力についての記事

  • 満足な性行為に肛門に力を入れたりダポキセチンを

    早漏の人は相手を満足させることができないばかりか、本人もすぐに終わってつまらない思いをしてしまうということは少なくありません。訓練次第でいくらでも改善をすることができるので、深刻に考えないことが大切なのですが上手く行かなければ、男性としてのプライドが傷つけられ大きなコンプレックスとなってしまうこともあります。訓練の方法としては射精を制御する筋肉を鍛えるという方法がありますが、これは肛門の近くに...

    ダポキセチン配合の医薬品を使って、満足な性行為を行いよい関係を築く男女
  • ダポキセチンは早漏防止グッズ、平均射精時間延長

    成人男性の平均射精時間は、女性器にペニスを挿入し、腰振りを始めてから約20分程度になります。 個人差が大きい部分ですので、一概に皆が20分間、射精を我慢出来るとは言い切れません。 中には10分程度で射精を向かえる方もいますし、反対に30分から60分間、ずっとオーガズムに至らない男性もいます。 一方で非常に短い時間で射精に至る男性もいており、女性器にペニスを挿入した瞬間、無意識に射精してしまう方もい

  • ダポキセチンやカウンセリングが有効、デパスは避ける

    早漏というのは心理的な問題で発生していることもあるので、気持ちひとつで改善できることもあります。元々男性というのはその時の精神状態によって、性行為に乗り気になったり逆に上手くできなかったりするものであり精神面の影響というのは女性よりも強いものとなっているのです。そのため、機能的に問題がなければ気持ちひとつで改善できるので悩みを解消しやすいとも言えますし、逆に精神的な問題だと簡単に割り切ることが...

    カウンセリングで早漏を克服しようとする患者と医者
  • 新泌尿器科学で安全にダポキセチンを用いる

    新泌尿器科学にて早漏の定義があります。挿入または性行為で1分ももたない、射精を我慢することができない、セックス自体が早いことで苦痛になっているとされています。またそれ以外にもパートナーが不満を抱いていたり、男性自身がパートナーを満足させることができないときにも早漏と言えるでしょう。新泌尿器科額では、早漏を改善する方法があります。 現在主流となっている早漏改善方法はダポキセチンを使う方法です。本来